カワグチ

研究室


世界の平和と紛争、日本の国際平和への協力、人道危機に関連したジェンダーに基づく暴力などに関心をもって研究しています。

ここでは、研究・教育・社会活動を共有させていただきます。

Chigumi Kawaguchi
Ph.D. International Public Policy
Toyo Gakuen University 
Associate Professor

Since 2022

研究プロジェクト

研究プロジェクト Research Project 1

紛争影響下におけるジェンダーに基づく暴力 Gender-based violence under the conflict-affected situation

NEW!JICA緒方貞子平和開発研究所の「人間の安全保障報告書」第2号でで、以前実施したウガンダの南スーダン難民居住区におけるGVB研究が取り上げられています。是非ご覧ください!


*ジェンダーに基づく暴力とは?

*紛争影響下におけるジェンダーに基づく暴力についての国連安保理決議1325(2000)"Women, Peace and Security:
WPS)と国家行動計画(NAP)に関する情報:
-National Action Plans at Glance
-日本政府
-ASEAN

研究プロジェクト Research Project 2

平和構築 Peacebuilding

2023年8月 ISA Asia Pacific Conferenceにて成果発表
→国際研究グループ立ち上げ!

2023年7月
WPS & PB 研究会立ち上げ! 南スーダンとカンボジアを事例として
ACUNS 2024@Tokyoにて発表します!

2023年10月
カンボジアでの予備調査開始!

2024年3月
カンボジアでの2回目の予備調査!

研究プロジェクト Research Project3

平和と「ビジネスと人権」Peace and Business and Human Rights

2023年11月国際政治学会 国連分科会で成果発表

★研究成果が近日書籍として発行予定!

研究プロジェクト Research Project β

日本国内の平和構築、難民支援、人道支援に関する研究
Peacebuilding, Refugee assistance and Humanitarian support inside of Japan

★人道研究ジャーナル Vol.12 「ウクライナ避難民対応にみる日本の人道主義:日本政府と社会の対応を中心に」2023年発行 


社会活動・教育活動

社会活動1 PSEAH 

国際協力分野におけるPSEAH(性的搾取・虐待・ハラスメントからの保護)に関する活動

PSEAH by JANIC PSEAH ワーキンググループ(詳細ホームページはこちら★

社会活動 2 SRHR

SRHR(性と生殖に関する権利)に関する文京区と大学生との活動支援

I LADY. by 文京区×ジョイセフ

2024年度もI LADY.アクティビスト募集が始まっています!詳しくは募集リンクに!


教育活動 Education

2年生ゼミ
3年生ゼミ
4年生ゼミ
2024年度卒業  ✿川口ゼミのI LADY.アクティビスト達

東洋学園大学

テキストや参考図書